転載元:

    http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1581442506/
    unnamed

    1: 風吹けば名無し 2020/02/12(水) 02:35:06.05 ID:JUdVGr1x0
    あれ買った日を1日としてカウントしてええの?

    【メルカリの2~3日で発送とかって表記あるやん?】の続きを読む

    転載元:

    http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1581443772/
    AS20180411002969_commL

    1: 風吹けば名無し 2020/02/12(水) 02:56:12.50 ID:gwhPFNdN0
    どこや

    【高校野球のかっこいいユニフォーム】の続きを読む

    転載元:

    http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1581394595/
    019_21425135

    1: 風吹けば名無し 2020/02/11(火) 13:16:35.14 ID:q3OMZAkl0
    確定
    大瀬良
    ジョンソン
    床田
    九里
    森下

    候補
    山口
    遠藤
    アドゥワ
    藪田

    新人の森下をローテ確定しなくてはならない薄さ

    【広島カープのローテ投手ガチで足りない】の続きを読む

    転載元:

    http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1581372873/
    c_main_logo

    1: 風吹けば名無し 2020/02/11(火) 07:14:33.63 ID:W5PVBTIdp
    やっぱり40歳まで現役バリバリだった阿部?

    【古田敦也・谷繁元信・矢野輝弘・阿部慎之助←この中なら誰が1番格上?】の続きを読む

    転載元:

    http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1581373895/
    20200211-02100714-nksports-000-5-view

    1: 風吹けば名無し 2020/02/11(火) 07:31:35.83 ID:Sd8m2ri+0
    ロドリゲス阪神にいたら1面/西村監督×山田氏対談
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200211-02100714-nksports-base
    オリックス西村徳文監督(60)が、宮崎キャンプで臨時コーチを務める山田久志氏(71)と特別対談した。

    山田氏 ジョーンズがチーム全体にいい影響を与えていますね。

    西村監督 まだ本調子ではないと思いますが、他の外国人や吉田正、T-岡田にもいい刺激を与えてくれています。

    山田氏 外国人枠の競争ではモヤの変身が目につくね。中日で出場機会に恵まれなかったハングリーさをぶつけているようです。

    西村監督 アデルリン・ロドリゲス(28=パドレス3A)を含めて野手3人とも1軍に入れたいが、投手の関係もありますからね。

    山田氏 チーム戦術のオプションが増えたのは頼もしい。ロドリゲスも阪神にいたら1面です(笑い)。

    西村監督 外国人枠は「投手2人、野手2人」になるか、それとも「野手3人」になるかは、これから見
    極めたい。野手3人になれば西武打線にも引けを取りません。

    【西村監督「吉田、T岡田、ジョーンズ、モヤ、ロドリゲス。今年のオリ打線は西武に引けを取らない」】の続きを読む

    転載元:

    http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1581370576/
    201912290000629-w500_0

    1: 風吹けば名無し 2020/02/11(火) 06:36:16.15 ID:75dNIGxj0
    昨季限りで現役引退した元ヤクルト内野手の大引啓次氏(35)が米大リーグ、レンジャーズにコーチ留学することが10日、分かった。

    レ軍と業務提携している古巣の日本ハムから派遣され、メジャーの指導法を学ぶ。

     大引氏は近日中に日本ハムと契約を交わし、主にマイナーリーグで研修予定。

    https://www.sanspo.com/baseball/amp/20200211/fig20021105020001-a.html

    【大引啓次さん、日ハムに出戻り】の続きを読む

    このページのトップヘ