広島

    転載元:
    https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1641876465/
    1600124

    1: 風吹けば名無し 2022/01/11(火) 13:47:45.34 ID:L5Tqrbgpa
    打率2位
    出塁率3位
    捕手

    【坂倉将吾(23).315(422-133) 12本 出塁率.390 OPS.857←率直な感想】の続きを読む

    転載元:
    https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1641379211/
    051_01705138

    1: 風吹けば名無し 2022/01/05(水) 19:40:11.37 ID:gVLBMR/ja
    なに??

    【小園海斗(21).298(449-134) 5本 OPS.719←話題にならない理由】の続きを読む

    転載元:
    https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1641022377/
    9

    1: 風吹けば名無し 2022/01/01(土) 16:32:57.13 ID:ptg122ck0
    メジャーで本当に通用するのか? MLBスカウトたちが語った鈴木誠也の「長所」と「課題」


     鈴木は27歳で22年シーズンを迎える。同じ年の大谷翔平(エンジェルス)のように、鈴木は最高の選手になりたいという強い思いを持っている。過去には、「世界最高のバッターになりたい」と話したこともある。

    「成績予想みたいなことはしたくないが」とあるスカウトは言う。「鈴木がメジャー1年目で20本塁打に届かなかったら驚きだ。打率もそれなりに残すだろう。
    シフトも敷かれるだろうし、アメリカの審判にも適応しなければいけないから、日本時代のような打率を残すのは最初は難しいだろうが、そのうち届くだろう」

     日本よりさまざまなタイプがいるアメリカの投手との対戦は、より困難なチャレンジになるだろう。慣れ親しんだ日本での流儀を捨て、
    アメリカに適応するために最初はいくらか時間がかかるかもしれない。だが、あるスカウトいわく、肉体的には何の障壁もないという。

    「日本時代に近い成績を残すことを妨げる要素は何一つない」。別のスカウトも同意する。「あまり気にしていないスカウトもいるが、
    コーチの指導に耳を傾ける能力も重要なんだ。鈴木はその点が非常に優れている。誰にでも肉体的な限界はある。
    だが、彼はその限界ギリギリまで能力を発揮できると思う。自分の前に立ちはだかるすべての障壁に適応する能力を持っているからね」

    https://news.yahoo.co.jp/articles/0edd76fb892f09f13056e1a6e872c458af96f9cf?page=3

    【MLBスカウト「鈴木誠也がメジャー1年目で20本に届かなかったら驚きだ。打率もそれなりに残すだろう」】の続きを読む

    転載元: 
    https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1639996292/
    main

    1: 風吹けば名無し 2021/12/20(月) 19:31:32.62 ID:jR62V5Ne0
    球団ではマエケン以来の高卒2年目で100回到達らしい

    【玉村昇悟(20)17先発101回防3.83 QS率64.7←騒がれない理由】の続きを読む

    転載元: 
    https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1639878619/
    main

    1: 風吹けば名無し 2021/12/19(日) 10:50:19.39 ID:A100QGB50
    【データ】広島栗林 史上初「30セーブ・防御率0点台・成功率10割」
    https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202112190000086_m.html

    広島栗林が15年山崎康(DeNA)に並び新人最多となる37セーブを挙げた。7月14日中日戦からは20試合連続セーブでシーズンを終了。98年佐々木(横浜)の22試合に次ぎ09年岩瀬(中日)に並び2位タイ、新人では15年山崎康の9試合を大幅に上回る連続セーブ記録をつくった。栗林の登板状況はリード41試合、同点11試合、ビハインド1試合。41試合すべてリードを守り切り、セーブが付く条件では37戦37セーブ。唯一の黒星は同点で登板した6月13日オリックス戦だった。30セーブ以上で失敗0は15年西野(ロッテ)以来で、新人では初めてだ。

    新人記録のデビューから22試合連続無失点など、失点がわずか4試合。被本塁打は最終登板11月1日ヤクルト戦で宮本に打たれた1本しかなく、防御率0・86を記録。防御率0点台で30セーブ以上は15年松井(楽天)以来6人、7度目。栗林の0・86は5番目に良かった。過去に防御率0点台の30セーブ投手は全員セーブ失敗があった。佐々木や藤川(阪神)でもできなかった「30セーブ・防御率0点台・成功率10割」の偉業を、新人栗林がプロ野球史上初めて達成した。

    no title

    【【すげえ】栗林、「30セーブ、防御率0点台、成功率10割」は史上初の快挙だった】の続きを読む

    このページのトップヘ